ニューカレドニア CHEZ PONTA blog編

ニューカレドニアの紹介と日常の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ancien Village du Tiébaghi

先日、ニューカレドニアの歴史に興味がある友人と旅行に行ってきました。
Tiébaghi(ティエバギ)旧鉱山町の見学をするためです。

Tiébaghiはニューカレドニア北部の街Koumac(クマック)から更に北に行った山の中にあります。
と言うことで、とりあえずKoumacまで北上し、一晩泊まりました。

1176309_10200345159305828_936031668_n.jpg


到着したときには既に夕方。ホテルのライトが綺麗でした。

そして、夕食。

1006357_10200345801041871_242907764_n.jpg


カニ団子の天ぷら、エビのニンニクソース、ココナッツサンデー
田舎のホテルと思っていたら、意外に美味しい料理でびっくり。

IMG_0695.jpg


翌日は朝8時にKoumacの観光局の前に集合。前日は時たま雨が降る天気でしたが、この日は快晴。
Tiébaghi鉱山は現在ニッケル鉱山として稼働していますが、その昔はクロム鉱山として栄えた鉱山でした。
約1920年〜65年までの間クロム鉱山として栄え、その間クロム採取場の近くに鉱山町がありました。

鉱山で働いていたのはベトナム人、メラネシア人、イタリア人、ワリス人が多く、各民族ごとに村を形成していたようです。
1892年より沢山の日本人も鉱山の鉱夫としてニューカレドニアに移民していましたが、悪しくも第2次世界大戦が勃発し、敵国人となってしまったために、日本人は強制退去させられ、オーストラリアの収容所に送られてしまいます。
この出来事がなかったら、もしかしたら日本人の旧鉱山町も残されていたかもしれませんね。

鉱山町見学はガイドをつけ4時間にわたる見学でした。見学の様子は動画をどうぞ。




ドッグシューズ

雨上がりということもあり、思うところあって靴を履かせてみました。

家ではロボットみたいに歩いていたハナぽんも公園に着いた頃には元気に走り回っていました。

これでもう肉球の間にひっつき虫がついて、痛くて歩けなくなることもないね♪







そしてこれはウェントロの丘から見た夕焼け

はなちゃんの怖いもの

我が家のお嬢様はなちゃん。
ぽん太にいちゃんと違って雷も花火も怖くないけど、私のクシャミが怖いらしい
(^∀^|||)

Le Grenier

私が所属する和太鼓倶楽部のメンバーが日本に完全帰国することになったので、メンバー家族と送別会を開きました。

今回送別会を開くにあたっていつものレストラン選びと違ったのは、小さな子供が6人来ると言うこと。
大人も総勢12人でしたから、どちらにしてもけっこうなグループでの食事です。

ニューカレドニアのレストラン、ランチタイムならまだしもディナータイムに小さな子供連れで気兼ねなく入れるレストランがけっこう少ないのです。

で、最終的に決まったレストランがこの「LE GRENIER」

05254.jpg

いつもサンドイッチを買うパン屋さんの2階にあるレストラン。だけど、今まで行ったことがなくて今回が初めて。
なんと言っても特筆すべきは【キッズ・ルーム】があること。6畳ぐらいのキッズ・ルームがあるので、ご飯をさっさと食べたキッズ達は遊んでいられるし、大人はのんびり食事が出来るのです。

料理の質は可もなく不可もなく(笑)
でも、値段は安め設定だと思うので、コスパは良いレストランですね。
今まで小さなお子様連れの方へのレストラン紹介に悩んでいましたが、これからはここを紹介できます。

05251.jpg

ムール貝のワイン蒸しとポテトフライ。貝好きにはたまらないメニューです。

05252.jpg

本日のおすすめにあったパエリヤ。ボリューム満点でした。

05253.jpg

店自慢の串焼き。これもボリューム満点で肉好きさんも満足です。

VERY WETR!(ベリー・ウェッチ)

チバウ文化センターにて3日間にわたって行われたダンスショーを見てきました。

ロワイヨテ諸島に位置するリフー島のメラネシア人は昔からとても芸術性の高い人が多く、メラネシアの民族音楽から発生したメラネシアン・ポップス「KANEKA」のミュージシャンも沢山輩出しています。

「WETR」(ウェッチ)はリフー島WETR(ウェッチ)地区、HNATHALO(ナタロ)に活動拠点を置く民族舞踏のグループで1992年より活動をしています。カナックの老若男女各世代混合のダンスグループです。

wetr2.jpg

踊りとともに演奏も歌もこなす彼らはCDも出しています。アコースティックな土着音楽はとても心に響きます。

wetr1.jpg


今回のダンス・ショー「VERY WETR」は、フランスの有名な振り付け師RÉGINE CHOPINOT(レジーヌ・ショピノ)とのコラボレーションダンスとなっています。
1986年から2008年まで国立振付センター(ラ・ロシェル)のディレクターを務めたレジーヌは2009年よりWETRと共演を始め、アヴィニョン演劇祭にも出演しているそうです。
レジーヌはその他にも「PacifikMeltingPot」と題したコラボレーションダンスを南太平洋の14カ所のアーティストと日本のアーティストと展開しており、各地で公演を行っているそうです。

WETRは前から気になっていたダンスグループだったので、公演があると知り早速予約。

1時間ちょっとのショーでしたが、途中笑いを誘うトークや1コマもあり、ニューカレドニアでは普通考えられないほど綿密に計算されたすばらしいショーでした。
そして衣装は以前よりレジーヌの舞台衣装を何度となく手がけている巨匠ジャン・ポール・ゴルチェ作。
カナックの民族舞踊の衣装をうまく取り入れながらゴルチェらしさ満載の衣装が素敵でした。

ショーのワンシーンです。



実は途中でレジーヌが出てきて踊るシーンがあります。たぶんそこにコラボの意義があるのだと思うのだけれど、どうしてもそこだけ理解できなかった。後はとても満足でした。
「VERY WETR」に関する詳しいページはアヴィニョン演劇祭のサイトで見ることができます。

« Prev|Top|Next »

HOME

ぽん太ママ

Author:ぽん太ママ
家族は私と主人と愛犬ぽん太&はな。
1992年からニューカレドニアに住んでいます。『CHEZ ENZO』という愛犬のHPを持っています。

アンスバタのラ・プロムナードで『AQUA』というお土産のセレクトショップをやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。