ニューカレドニア CHEZ PONTA blog編

ニューカレドニアの紹介と日常の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ancien Village du Tiébaghi

先日、ニューカレドニアの歴史に興味がある友人と旅行に行ってきました。
Tiébaghi(ティエバギ)旧鉱山町の見学をするためです。

Tiébaghiはニューカレドニア北部の街Koumac(クマック)から更に北に行った山の中にあります。
と言うことで、とりあえずKoumacまで北上し、一晩泊まりました。

1176309_10200345159305828_936031668_n.jpg


到着したときには既に夕方。ホテルのライトが綺麗でした。

そして、夕食。

1006357_10200345801041871_242907764_n.jpg


カニ団子の天ぷら、エビのニンニクソース、ココナッツサンデー
田舎のホテルと思っていたら、意外に美味しい料理でびっくり。

IMG_0695.jpg


翌日は朝8時にKoumacの観光局の前に集合。前日は時たま雨が降る天気でしたが、この日は快晴。
Tiébaghi鉱山は現在ニッケル鉱山として稼働していますが、その昔はクロム鉱山として栄えた鉱山でした。
約1920年〜65年までの間クロム鉱山として栄え、その間クロム採取場の近くに鉱山町がありました。

鉱山で働いていたのはベトナム人、メラネシア人、イタリア人、ワリス人が多く、各民族ごとに村を形成していたようです。
1892年より沢山の日本人も鉱山の鉱夫としてニューカレドニアに移民していましたが、悪しくも第2次世界大戦が勃発し、敵国人となってしまったために、日本人は強制退去させられ、オーストラリアの収容所に送られてしまいます。
この出来事がなかったら、もしかしたら日本人の旧鉱山町も残されていたかもしれませんね。

鉱山町見学はガイドをつけ4時間にわたる見学でした。見学の様子は動画をどうぞ。




スポンサーサイト

Top

HOME

ぽん太ママ

Author:ぽん太ママ
家族は私と主人と愛犬ぽん太&はな。
1992年からニューカレドニアに住んでいます。『CHEZ ENZO』という愛犬のHPを持っています。

アンスバタのラ・プロムナードで『AQUA』というお土産のセレクトショップをやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。