ニューカレドニア CHEZ PONTA blog編

ニューカレドニアの紹介と日常の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPANC

前回の日記で結構興味を持って貰ったみたいなので、SPANCのことを少し。

SOCIETE
PROTECTRICE des
ANIMAUX
NOUVELLE
CALEDONIE
で、通称「スパンク」となるわけです。下2文字はニューカレドニアのことだから、上3文字の「SPA」がフランスでは地名の他に動物愛護協会という意味もあるのです。
SPAの歴史は古くて1845年には初めのSPAが設立されたそうで、始めは馬の保護のために出来た協会だったようですが、時代とともに多岐にわたるようになったようです。
ニューカレドニアでは主に犬と猫の保護活動を行っています。

スパンクは敷地内に猫ブースが3カ所。犬ブースが4カ所あります。
まだ猫ブースはよく分らないので、犬ブースの説明です。

犬は大雑把に赤ちゃん犬棟、子犬棟、大人犬の大部屋2ブースに分かれていて、赤ちゃん棟には部屋が10部屋ぐらいあり、赤ちゃん、若い子犬、小型犬、訳ありの大型犬等が数頭もしくは1頭で飼われています。

子犬棟は約20部屋あり、ほとんどが雄1頭雌1頭のコンビで一部屋に収まっています。雌はこの時点で全て去勢済みなので、いたずらに子犬が増えることはありません。

その他の2部屋は屋外でドックランのような大きな場所が2カ所。大人になっても引き取り手のいない犬が数頭ずつ飼われています。

スパンクに預けられるワンちゃんは、ほとんどが雑種。さらに、小型犬種は珍しく、やってくるのは大型犬か中型犬がほとんどです。ここではよく飼われているシェパード、ラブラドール、ピットブル、オーストラリアンキャトルドック等の雑種が多いようです。

大型犬でも小型犬でも赤ちゃん犬は結構もらい手が多く、次の週に行くと総入れ替わりしていることが多いのですが、少し大きくなってしまうとだんだんもらい手が少なくなってきます。
中にはやんちゃで目も当てられないような性格の犬もいるのですが、おとなしくて凄く良い子なのになんでこの子はまだいるんだろう?って子も結構いて、いつも心が痛みます。

で、スパンクに手伝いに行くとそんな子供達を散歩する人とその間に部屋を掃除する人に分かれて作業するわけです。
今週の水曜日も散歩係として行ってきましたが、これが意外と大変。
子犬棟は楕円形型になっていて、中庭があり、中庭に面した方が柵の出入り口になっているわけですが、リードを持って中庭に行くと散歩が分るので、犬たちが一斉に騒ぎ出し、扉に向かってジャンプしてきます。
エキサイトしている犬を出さないように1人が柵に入り、2頭にリードを付けて散歩開始。
でも柵に入りっぱなしでフランストレーションがたまっている若い大型犬は力も強く、他の柵に近づけないよう(けんかするから)棟の外に出すまでが大変。棟の外に出れば、犬たちは鳴きやむので静かになりますが、犬と一緒に走ったり転げ回ったりとかなり重労働です。

で、重労働なので実は人手不足だったりもします。やっぱりこういうところに平日来ているボランティアのマダムはリタイアした有閑マダムが多く、そうなるとこの重労働な散歩は無理なわけで、多分ボランティアの中では若いであろう私と、もう1人の比較的若いマダムに白羽の矢が立ったわけですが・・・
結局今週は1日では終わらず、本当は週1日と決めていたけれど2日続けてスパンクへ・・・

さすがに2日連続は疲れたよ。。。。と言うことで、来週は早くから行って1日で済まそうと算段をつけて帰ってきました。

あ、でもイヤにはなってませんよー。楽しくて充実はしています。それに、フランス語の勉強にもなるしね・・・

スポンサーサイト

初体験

エンゾが4月に亡くなってから早4ヶ月。
そろそろ次のワンコが欲しくなってきて、2週間前ぐらいから動物愛護協会(通称SPANC)に通っています。
SPANCには捨て犬や捨て猫、飼えなくなった犬や猫、生まれちゃったけどいらない犬や猫がいて、里親になりたい時は、簡単な審査と諸経費を払うと里親になることが出来ます。

私としては、子犬じゃなくても小型犬じゃなくても利発そうでよい子がいればと思ったのですが、いろんな意味でそれは却下となってしまい、そうなると結局今は小型犬の子犬がSPANCにはいないので、とりあえず我が家で犬を飼うのは保留状態になりました。

で、里親としては保留になってしまったけれど、やっぱり何かしたいのでボランティアスタッフとして働きながら子犬を待つことにしました。
で、先週の水曜日が初日だったのです。

ボランティアスタッフの三種の神器、ゴム手袋、長靴、首輪&リードを用意していざスタート。

spanc1.jpg


先輩のスタッフと挨拶を交わし、何をすればいいか聞き、先ずは子犬ブースにいる犬の散歩。子犬ブースの保母さん役のお婆ちゃん犬をゆっくりと10分ほど散歩させた後、早速子犬開始。
1匹目の子犬は運ばれてきたばかりの子犬。でももう中型犬ぐらいの大きさ。
男の子だけど、とてもおっとりした子で、リードでの散歩初体験の子。初めはおどおどして、私の顔色見ながら付いてきていたけれど、だんだん慣れてきた感じで、最後のほうには「ごろんちょ」しておなかを撫でさせてくれました。

spanc2.jpg

大きさは中型犬ぐらいあったけど、おしっこする時まだ足あげてなかったから2~3ヶ月くらいかな。毛もまだフワフワで可愛かった~

次のこはとってもやんちゃ。ケージに入って首輪を付けるまでに10分。だって、ぴょんぴょん飛びついてきてなかなかしっかり首輪が付けられないの。おまけに自分のうんこ踏んだ足で飛びついてくるから、うんこまみれ・・・
この子もあまりリードになれていない感じで、汗だくでした。

そんなこんなで6頭の犬の散歩をすませ、その後は洗濯物を干したり、ケージを洗う手伝いをしたりと、午後2時から6時まで充実した時間を過ごしました。

今日は何をやるにも他のスタッフに聞きながらだったので、他のスタッフの手を患わせてしまいましたが、来週は何とか自力で出来そうです。がんばるぞ~!!

それにしても、昨日の午後いただけでもまた新たに5匹の子犬が預けられていました。この子達はまず隔離ブースに入れて、お医者様から「病気無し」のお墨付きを貰った後、里親募集ブースに移されます。

因みにニューカレドニアの場合、意外にもSPANCで犬を貰っていく人は多いのです。と言うよりも、犬が欲しい時SPANCから貰って来るというのが主流。この頃は人口も増えて、ブリーディングして犬を売る人や、オーストラリアやニュージーランドから欲しい犬種を輸入する人も増えてきましたが、基本ペットショップで犬を売っていないニューカレドニアではSPANC利用率が高いように思います。こういうのは日本でも見習って欲しいなと思ったりします。

グルメ・フェスティバル in ニュー・カレドニア

旦那様ののお誕生日をだしにして、またまた360°に行って参りました。

が、今回はこんな趣旨のフェスティバルが催されていました。

keizo0.jpg


要は、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、韓国、日本からフレンチのシェフをご招待して、ニューカレドニアのレストランで腕をふるって貰うという物。

私たちの目当ては「嗚呼!花の料理人」などに出演しているレストラン・KEIZOのオーナーシェフ井上桂三シェフです。


今回の企画はセットメニューのみで、前菜、メイン、デザートの3皿で1人5,800フランなり。日本円だと、7千円前後ぐらい。

keizo1.jpg

まずは付きだし(アミューズ・ブーシュ)。これはセットメニュー外で誰にでも付いてくる品。
フォア・グラのクレーム・ブリュレ。これがとっても美味しかった~~♪

keizo2.jpg


前菜。カモの燻製梅ソース、バチマグロの昆布締めわさびソース、海老のフラン味噌風味の3種盛り。見た目はとっても綺麗でした~

カモは、可もなく不可もなく。あまり梅の味はしなかったかな。きっと梅味が濃すぎるとフランス人には受けないんだろうな~。

バチマグロは、マグロだけ食べると昆布締めがしっかりしてあって美味しかったけど、ワサビはやはりあまり効いていなくて・・・おまけにワサビを和えてるアボカドの味が強すぎて、全部を一緒に食べるとちょっと微妙。。。

海老のフランはとっても美味でした♪天使の海老の産地にしては海老はちんけでしたが、まぁフランが主役と言うことでこれはニューカレじゃ食べられないあじかなと感心。

keizo3.jpg


尾長鯛のグリルプロバンス風、ダンベアの牡蠣のソテー椎茸風味、ジャガイモのクレープ&フォア・グラ。
見た目はちょっと彩りにかける感じのメインと付け合わせ2品。

尾長鯛のグリルは・・・普通?こっちのレストランでは良くこんなの出てくるかも・・・

牡蠣のソテーと椎茸は美味しかった♪これがダンベア産の牡蠣じゃなくてタスマニア産だったらもっと大きくてもっと美味しかったろうに・・・残念。

ジャガイモのクレープとフォア・グラは・・・美味しかったけど全体にちんまりしててあまり食べた気がしなかったかも。。。

基本的にどれももそもそとした食感だったから、もうちょっと付け合わせに工夫が欲しかったなぁ~

keizo4.jpg


フルーツコンフィのヌガーアイス、パイタ産のフランボワーズを添えて
ヌガーの下にあるソースがたっぷりで、ヌガーに沢山つけて食べると美味でした。

いろいろ書きましたが、美味しかったですよ。満足はしたんです。でも、あまりにも期待が大きかったので、ちょっとがっかり感が・・・

とは言ってもね、ニューカレで5800フランのフルコースメニューじゃ、値段設定が微妙すぎるのも確か。値段が7000フランぐらいだったら、きっともっと美味しいものが食べられたんだろうなぁ~。

それから、金曜日と言うこともあってレストランが満席状態。
他のレストランが満席になったときに比べれば、サービスなどは格段に良かったですが、それでも前回行ったときよりサービスが悪かったかも。
やっぱりレストランは平日に行くに限りますね。&、もし来年もこのフェスティバルがあったら・・・その時は初日の平日に行こうと思いました。

Le 360

日本から友人が遊びに来たおかげで久々にちゃんとしたレストランに食事に行きました。

以前から行きたかったラマダ・ホテルにあるレストラン「Le 360」。
開店当初に行ったきりだったのですが、その後オーナーが変わってから行ったことがなく、気になっていたレストランです。

le360_03_2.jpg

アミューズ・ブーシュは牛肉のカルパッチョ。ソースが醤油仕立てで美味しかったです。


le360_04_2.jpg

前菜で自家製フォアグラのテリーヌ、ブリオッシュと一緒に
岩塩&ブラックペッパーとバルサミコ・ソースで味が少しずつ変わるのが楽しめました。


le360_08_2.jpg

尾長鯛のグリル、夏野菜のガレット仕立て
魚の焼き加減も申し分なく、あっさりと食べることが出来ました。


le360_12_2.jpg

焼きたてリンゴタルト、リフー産バニラ入りアイスを添えて
焼くのに時間がかかるため、事前オーダーの必要なデザート。リンゴの酸味とバニラの甘さ、温度差のある絶妙なおいしさでした。

この手の高級フレンチに行っても、この頃は何かしら外れがあることが良くあったのですが、久々に全てメニューに満足、サービスも申し分なく大満足の食事でした。おまけにメートルドテルのムッシューがとってもハンサムだった~。

Top

HOME

ぽん太ママ

Author:ぽん太ママ
家族は私と主人と愛犬ぽん太&はな。
1992年からニューカレドニアに住んでいます。『CHEZ ENZO』という愛犬のHPを持っています。

アンスバタのラ・プロムナードで『AQUA』というお土産のセレクトショップをやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。