ニューカレドニア CHEZ PONTA blog編

ニューカレドニアの紹介と日常の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Rocher

久々にクレープ専門店に行ってきました。ここのお店は以前からあって、ローカルにはとても人気の店だったのですが、やっと行くことが出来ました。

ニューカレドニアにも何軒かクレープ専門店があり、その中でも老舗は「Creperie Bretonne」。ニューカレドニアに住み始めて間もない頃にクレープにあこがれて食べに行きましたが、イメージと違って意外としつこくて、それ以来あまりクレープは食べなくなっていました。

が、Le Rocherは誰に聞いても美味しいと評判だったので、ちょっと行ってみたい店の一つでした。レストランのある場所を考えると、断然ランチタイムを狙っていった方がよい眺めを堪能できるので、昼間に行ってきました。

larocher2-1.jpg

昼間の眺めはこの通り。高台からシトロン湾が一望できます。この日は天気もとてもよかったので、海の眺めはまた格別でした。

で、メインのガレットはこちら

larocher7-1.jpg

ナスとモッツァレラのガレット

larocher8-1.jpg

ソーセージとオニオンコンフィのガレット生卵のせ

やはりメニューにチーズや生クリームが入っている物は、最後の方に飽きが来る物もありますが、上記のガレットはどれも美味しかったです。

デザートのクレープも食べたのですが、写真は忘れちゃいました。また今度行ったときにとって来ます。

スポンサーサイト

やっと膨らんだ!!

何が膨らんだのかというと、肉まんです。
どのレシピを見ても「簡単に膨らみます」と書いてあるのに、
我が家では膨らんだことがなかった肉まん。

・・・・が、○度目にしてやっと成功!!膨らみました。

nikuman.jpg


今回のはカレー肉まん。前回せっかく美味しくできた豚の角煮を入れて作ったのに、全く膨らまなかったので、今回はもし生地がうまくいかなかったら、春巻きの皮でサモサが作れるように、サモサの具で作ってみました。

肉まんの生地のレシピは2種類。ベーキングパウダーを使う方法とイースト菌を使う方法。でもベーキングパウダーで作る方は今のところ全て撃沈。
今回成功した肉まんは、イースト菌を使うタイプです。でも、第一次発酵まではパン焼き器が作ってくれるので、楽ちん。じゃ何が問題かって言うと、ニューカレドニアで売られている小麦粉。
日本の小麦粉と違うので(何が違うかは聞かないでください。とにかく違うんです)日本のレシピ通りじゃうまく膨らんでくれません。そこで、何度も水とイースト菌と砂糖の配合を変えて試した末に配合の黄金率をやっと見つけたわけです。

多分パンを焼きなれている人ならば、簡単なことなんだと思うのですが、我が家ではパン焼きがちょっとした事件の後タブーとなっていまして(笑)、あまり慣れていないのです。

何はともあれ、生地は成功したので、これからは肉汁したたるあんの開発に精進したいと思います。

話は変わりますが・・・
数日前から我が家にララがやってきました。

lala.jpg


あ、新しいうちの子ではありません。友達のわんこで、友達が日本に帰っている間だけ預かっているのです。
それでも久々のわんこのいる生活に癒されている毎日です。
エンゾは晩年、お散歩と言えば家から2~30メートルぐらいをよたよたと歩き、おしっことうんこを済ませて帰ってくる生活だったので、犬と散歩をする毎日に久しぶりに新鮮みを感じています。

我が家に来てから少し運動量が増えたであろうララ、毎日昼間も爆睡しておりますが、いたって元気です。

Top

HOME

ぽん太ママ

Author:ぽん太ママ
家族は私と主人と愛犬ぽん太&はな。
1992年からニューカレドニアに住んでいます。『CHEZ ENZO』という愛犬のHPを持っています。

アンスバタのラ・プロムナードで『AQUA』というお土産のセレクトショップをやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。