ニューカレドニア CHEZ PONTA blog編

ニューカレドニアの紹介と日常の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨料理

この頃旦那さんの書く日記がお料理日記化してきて
http://aquanodanna.blog116.fc2.com/
なんだかまるで私がお料理を作っていないように見えるのもしゃくなので(爆)、久々にお料理日記をアップすることにしました。

今回は旦那さんのリクエストで「私が作る鴨料理」(もも肉ではなく胸肉使用)という課題。胸肉「マグレット・ド・カナール」(magret de canard)とは、フォアグラをとった後の鴨の胸肉で、とても脂のよくのった鴨肉です。こちらではこの胸肉やもも肉が冷凍真空パックになってスーパーで安く売っています。

で、作ったのは「マグレット・ド・カナールのワインソースオレンジ風味、温野菜添え」。ウマ~(*^_^*)な1品になりました。

magrecanard1207.jpg


***レシピ***
*鴨胸肉
*赤ワイン、オレンジ1個、シナモンスティック、レモンマーマレード、フォン・ド・ボー
*塩、コショー

1.赤ワイン1本にシナモンスティックの小片を入れ、半分ぐらいの量になるまで煮詰める。
2.オレンジはきれいに洗い、半分に切り果汁を絞り、果汁と皮に分ける。
3.煮詰めた赤ワインにフォン・ド・ボー、ジュース、マーマレードを入れある程度まで煮詰める。(煮詰めている途中で絞ったあとのオレンジの皮を入れ香り付けをする)
4.温野菜を用意する。
5.胸肉の皮の部分に網目状に切り込みを入れ、肉の面には塩・コショーをする。
6.深めのフライパンもしくは鉄鍋を熱し、皮のほうから焼いていく。皮はかなりカリカリになるぐらいまで、肉面の焼き加減はお好みでどうぞ。
因みにフランス人は「ロゼ」という焼き方がお好み。「レア」よりも生焼けのやつです。胸肉のこの手のお料理の場合は焼きすぎよりもレアかロゼの方が美味しく頂けるそうです。
7.焼き終わったら薄く切り分けソースと野菜を盛りつけて出来上がり。

是非お試しあれ。。。
スポンサーサイト

Top

HOME

ぽん太ママ

Author:ぽん太ママ
家族は私と主人と愛犬ぽん太&はな。
1992年からニューカレドニアに住んでいます。『CHEZ ENZO』という愛犬のHPを持っています。

アンスバタのラ・プロムナードで『AQUA』というお土産のセレクトショップをやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。