ニューカレドニア CHEZ PONTA blog編

ニューカレドニアの紹介と日常の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院日記【その2】

 次の日の朝、だいぶ気分も良くなり明らかに昨日とは違うのが分かりました。

 朝イチの検診で、やっかいな点滴も外すことが出来たので、とりあえず自力でトイレに行ってみることに・・・(勿論看護師さん付き添いですが・・)見事成功!やっぱりトイレはこうでなくちゃね(あ、お食事中の方ご免なさい)
 やっとすっきりとした所で、朝食です。オレンジジュースとパンとコーヒーもしくは紅茶。元々パンがあまり好きではない私にはちょっと酷な朝食。頑張って3/1食べた所でギブアップ。

clinique7_400.jpg


 昨日Kちゃんが持ってきてくれたお見舞いが、実は一部の人にとっては幻にもなりつつあるショコラ・モランのプチガトー。と言うことで、さっさと朝食を切り上げて、こっちの美味しそうなプチ・ガトーをいただくことにしました。

clinique9_400.jpg


 ところで、お隣さんはメラネシア人のお婆ちゃんで膝の手術をして長期療養中の方でした。いつもはカーテンで仕切られているんだけれど私が食事をしていると必ず「マダム!! ボナペティ!!」(良いお食事を!)と、声をかけてくれる優しいお婆ちゃんでした。


続きを読む »

スポンサーサイト

入院日記【その1】

 タイトルどおり、10月のはじめに入院していました。と言っても結果的には1日の入院だったんですけれどね。入院の理由は、卵巣嚢腫の摘出のため。

 以前の検査でも小さい物があったのですが、今年になってまたただ券が来たため検診に行ったら、大きく育っているので手術が必要とのこと。その時点ではまだ子宮筋腫と思いこみ、ネットで色々と調べて再検査。先生に子宮と卵巣の絵を見せながら「で、私のは何処にあるの?」と聞いた所、子宮ではなく卵巣でした。と言うことで、子宮筋腫ではなく卵巣嚢腫。

 とりあえず正常な4センチの卵巣嚢腫と言うことで、腹腔鏡(内視鏡みたいなヤツ)手術と相成りました。

朝8時に入院手続きをして、病室に行きます。本来の予定では午後に手術をして、4日後に退院のはずでしたので、色々と持ち込みます(爆)。

clinique1_400.jpg


 今回は「CLINIQUE BAIE DES CITORONS」と言う、外科専門の私立病院に入院。実は以前にも骨折の時お世話になっているので、これで3回目。部屋は全室2人部屋で、トイレとシャワー完備。ベッドは本来なら電動パラマウントベッドで、自分で調節可能。。。なはずでしたが、壊れていて動きませんでした(泣)。

 着替えや水の他に塩とマジー(洋風醤油)、お風呂セットにカメラとノートブック&携帯電話。ビックリすることに、携帯オーケー。手術室やレントゲン室の近くは勿論ダメだけど、病室は大丈夫とのこと。1ベッドごとに電話も付いてるんだけど、今どき殆ど携帯持ち込みで、入院しているみたいです。

 ノートブックには予めiTuneに沢山の曲とPodcastで集めた落語をダウンロードしてあるし、YOUTUBEの画像も沢山ダウンロードしてあったので、暇をもてあますことな無さそう。

 パジャマに着替えて、早速ベッドの上でパソをいじっていると、手術用の服やらなにやら渡されて準備するようにとのこと。

 シャワールームで、頭の先から足の先まで消毒薬入り石鹸で洗います。洗ったあとは、手術着(かっぽう着みたいなの)を着て、頭にはシャワーキャップみたいなのをかぶり、足にはブーティ(刑事が事件現場で靴の上から履いてるヤツ)。

 午後から手術のはずが、10時には「これから手術室行くよ~」とお声が・・・「え~まだ心の準備が出来てないよ~」と言ってみても後の祭り・・・


続きを読む »

Top

HOME

ぽん太ママ

Author:ぽん太ママ
家族は私と主人と愛犬ぽん太&はな。
1992年からニューカレドニアに住んでいます。『CHEZ ENZO』という愛犬のHPを持っています。

アンスバタのラ・プロムナードで『AQUA』というお土産のセレクトショップをやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。