ニューカレドニア CHEZ PONTA blog編

ニューカレドニアの紹介と日常の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコバックの使い方

 ニューカレドニアはここ数日雨ばかり。けして強い雨ではないけれど、ニューカレドニア上空にまるで梅雨前線のような雲が停滞している関係で、しとしとしとしと・・・・

 こう雨ばっかり降っていると、外出したくなくなるのですが、そんな事も言っていられません。でも我が家には雨が大嫌いな厄介者がもう1人。。。。

 雨が降っているとなるとリードを付けてドアを開けても、出ようとしない。いつもは大好きな散歩も、自ら辞退する始末。おまけに自分では絶対濡れている地面を歩きたがりません。かといってエンゾの都合に合わせる事も出来ないので、先日購入したエコバック登場。

ecoenzo1_400.jpg


 このエコバックはそこに頑丈な段ボールが入っているので、エンゾの足場もしっかり。そして見事に収まって、バックに入ったまま濡れずに店まで到着しました。エンゾはハッピーだけど、ほんとにこれで良いのか?やっぱりなんか違うような気がするんだよなぁ。
スポンサーサイト

犬飯初体験

 エンゾの胃の具合が金曜日から悪く、二日間自発的にご飯を食べない絶食状態が続いています。

 実はエンゾの胃が悪くなった原因は私にあって(殴)、いつもは獣医さん推奨のドライフードを食べているのだけれど、「嫌いな野菜だけを綺麗に残す」というブログネタが欲しくて昔大好物だった「シーザー」(人参入り)をあげたのが良くなかったらしい。。。2年ぐらい前までは特別な日にだけあげていて、何ともなかったので大丈夫だと思ったのだけれど、12歳の老体には油がキツかったようです。

 で、お腹は空いているようだけれどドライフードの少量の油も鼻につくらしく、なかなか食べてくれないエンゾのために、知り合いの獣医さんからアドバイスをもらい、犬飯を作ってみる事にしました。

 鶏肉のササミにお米と少量の人参とグリーンピース、それに出汁を兼ねて、ニューカレドニア産天使の海老を1尾。これをニューカレドニアのミネラルウォーター「モン・ドール」で煮込みます。

 煮込んだ後、ササミの固まりと人参嫌いのエンゾのためにササミと人参をフードプロセッサで細かくして出来上がり。消化を良くするために、殆ど形がないくらいまで細かくしました。

enzorepa1_400.jpg


結果は・・・・

続きを読む »

FETE DES MERES(母の日)

 ニューカレドニアの(フランス本国も)「母の日」は5月最終の日曜日です。日本の母の日はアメリカと同じ5月第2週の日曜日で、カーネーションを送る習慣があります。

 アメリカの母の日は、19世紀末に今日的な「母の日(Mother's Day)」が誕生したそうです。1872年、有名な「リパブリック賛歌」の作曲をした人で、奴隷制度廃止論者であり平和活動家でもあるジュリア・ワォード・ハウが、母の日というアイディアを思いついたのです。母の日は、戦争にあけくれる男たちに対する母親たちの反戦運動だったのです。この時はまだ全国的に母の日が広まっていたわけではないようですが、この考えを受け継いで母の日を今日の形にしたのが、同じくアメリカのアンナ・ジャーヴィスで、1907年にフィラデルフィアで母の日のイベントを行いました。


 彼女の母親の2回目の命日に行われたのですが、これが5月の第2日曜日で、このとき彼女は母が好きだった白いカーネーションをささげたことから、母の日にはカーネーションがつきもののようになります。


 彼女は行政にも積極的に働きかけて母の日のキャンペーンを行ったために、1911年にはアメリカのほとんどの州で母の日が祝われるようになります。1914年、アメリカでは5月第2日曜日が母の日として正式に定められました。

 フランスの母の日は、全く別のルートをたどって今日の母の日になったようです。

続きを読む »

ASCENSION(昇天祭)

 今週の木曜日は「昇天祭」と呼ばれる祭日でした。これは復活をしたイエス・キリストが天に昇った事を祝う祭りで、復活祭の40日後に行われる移動祝日です。

 イエス・キリストは復活の40日後にエルサレム郊外で弟子たちの見守るなか、天へ昇った事になっています。復活祭が常に日曜日であるために、昇天祭は常に木曜日となっています。

 ニューカレドニアでは祭日扱いになるので、学校、公官庁、銀行、オフィスなどは休みとなりますが、原則的に商店は営業をしています。が、この祭日が木曜日であるために木曜日に引き続き、金曜日も休み、土・日も続けて4連休にする所が多いようです。特に銀行は必ず4連休になりますので、注意が必要です。

 商店やスーパーなどもオーナーの意思で休む場合があるようですが、商店の場合は木曜日だけで金曜日には開けるので、あまり心配はいらないでしょう。またレストランなども定休日でないレストランは営業しますので、心配はいりません。 

ある日の夕食2

 昨日の夕食は朝マルシェで買ってきた食材で作りました。ニューカレドニアのスーパーで売っている豆腐は、中華風豆腐なので結構硬いのが多いのですが、マルシェのあるおばさんの豆腐は日本の木綿豆腐ぐらい柔らかいのです。だからマルシェに行くと必ず買うようにしています。

 そこでこの日の献立は、炒り豆腐、大根&とろろ昆布のみそ汁、焼きナス、そして鯖の塩焼き。ヘルシーでしょ?

washoku_1_400.jpg


 私はお魚好きなので、マルシェでは必ず最初に魚売り場をチェックします。この日は鯖の生きの良いのがあったので、迷わずゲット。いつもはしめ鯖や竜田揚げにするのですが、小振りの鯖だったしさばくのが面倒だったので、塩焼きに・・・普通に美味しくて感動しました。

 実は旦那が和食作りに凝っていて(でぶログ参照)この頃和食を作ってくれるのですが、和食なのにいっつもこってり。対抗するわけではないけれど、もうちょっとサッパリした物を作って欲しくて書いてみました。

Marché

 久々にマルシェに行って来ました。マルシェはポートモーゼル湾にある市場です。朝6時頃から11時頃までしかお店を開けていないので、午後にならないと買い物に行かない私は滅多に行く事がありません。でも、久々に行くと活気があって、スーパーにはない魚や野菜を売っているので、帰る頃には両手いっぱいの荷物になりました。

 市場には魚売り場、肉売り場、カフェと野菜や果物を売るブースに別れています。市内観光のコースにも含まれている市場ですが、この頃は果物の皮をむいて小さな詰め合わせにして売っている事があるので、観光客の方でも気軽に買う事が出来ます。

marche1_400.jpg


 特にニューカレドニアのパイナップルは、日本で売られている物より小さめですが、とても甘くて芯まで食べられます。是非おためしあれ。

 次の写真は、現地の方達の主食であるいろんな種類のイモ類です。

marche3_400.jpg


 下の写真の緑色のはバナナです。このバナナ、形をよく見ると普通の物より太くて短めです。たまに黄色くなったこのバナナを買ってきて「バナナがあまり美味しくなかった」と言う方がいますが、これは料理用のバナナです。現地の方はバナナのフリットにしておやつに食べたり、蒸したり焼いたりしてお魚やお肉と一緒に食べたりします。火を通すとねっとりとした甘みのあるバナナに変わります。

marche2_400.jpg


 写真の中の茶色いのはココナッツ。このココナッツは中のジュースを飲むためではなく、中の実を料理に使います。頼むとその場で、ココナッツを割って、中の白い部分を削ってくれます。この小さく削ったココナッツを水に浸して搾った物がいわゆるココナッツ・ミルクと言われる物ですが、原住民の郷土料理にはココナッツミルクで煮た料理が沢山あるので、ココナッツはイモと同様の必需品です。

ある日の夕食

 今まで興味があったけど、作った事がなかった「手羽先の唐揚げ・名古屋風」を作ってみました。

toriteba_400.jpg


と言いつつ・・・本場物は食べた事がないのですが(爆)・・・・レシピにはたまり醤油につけると書いてあったけど、たまり醤油はないので、中国醤油につけてみました。結果は大成功。美味しかったです。この日は急遽友達も夕飯を食べる事になったので、手羽先の唐揚げの他に保存してあった干し肉第2弾(カレー味)も追加。それから野菜は豆腐とカブの煮物と、ブロッコリーとカブの明太子ドレッシング和え。

久々に和風な感じの夕飯でした。

ローカルチップス

 ニューカレドニアでは殆どの物が輸入に頼っていますが、ポテトチップスは意外にもローカル製があります。幾つかの会社(会社と言っても家庭内産業っぽいかも)が作っているのですが、その中でも私のお気に入りは「STONE CHIPS」(写真左)。

chips_400.jpg


 フレーバーの基本は塩味なのですが、ブランドによって微妙にお芋の厚さや揚げ方が違うようで、私はSTONE CHIPSの味が好きです。

 日本のポテトチップスも勿論好きですが、この頃のチップスはフレーバーが凝りすぎているような気がします。その点ローカルチップスは塩味で素朴です。たまにちょっと厚めや薄目のチップスが混ざっているのもローカルチップスのご愛敬です。塩味そのものも好きですが、私は青のりをかけてのり塩フレーバーにして食べるのがまたたまらなく美味しいのです。

 写真右のチップスはMANIOC CHIPS。マニョックと呼ばれるタピオカの元になるお芋のチップスです。ポテトチップスより硬く、噛みごたえのあるチップスですが、噛む程に味が出てきて何故か後を引きます。マニョックはポテトフライのようにフライにしても美味しいお芋です。これもまた、後を引く美味しさがあります。

 ポテトチップスもマニョックチップスも地元のスーパーで見つける事が出来ます。ピールのおつまみに是非おためしあれ。

この実なんの実?

avoca1_1_400.jpg


 先日ティオに行ったときに、アランさんからいただいて参りました。皆さん何の実だか分かりますか?ニューカレドニアに住んでいる人ならきっと分かるはずなんですが、日本ではこれと同じ物は普通にありますが、同じ格好をしている物は売られていないような気がします。

 これアボカドなんです。日本で売られているアボカドって、もっと皮がゴツゴツした感じで、もうちょっと洋ナシ型で、色が黒いですよね。ニューカレドニアでは、日本と同じ種類と写真のようなものと2種類のアボカドを見る事が出来ます。今はちょうどアボカドの季節らしく、2週間前くらいにはマレ島でもアボカド祭りをやっていました。

 このアボカドはまだ熟れる前で、これから少しずつ熟れてくると皮の色が黒くなってきます。皮全体が黒くなってきて、触るとちょっと柔らかい感じになったら食べ頃です。

 実は今まであまりアボカドを食べた事がなかったのですが、アボカドと海老のサラダがとっても美味しいらしい事を知って、作ってみたくなりました。アボカドを貰った日から4日目、やっと小さい方が食べ頃になったので、早速作ってみます。

続きを読む »

SUN FASHION

sunfashion1.jpg


 ポートプレザンスショッピングセンターに「SUN FASHION」という名前のブティックがあります。オーストラリアやアジアから仕入れた流行の安い服を売る店で、今ニューカレドニアのローカルにはとても人気があります。ただ、今まではこういった感じの店の場合、売り子が若い子の場合が多く、こんな感じの服を着たくてもいまいち店に入りづらい感じでした。

そう、私も含めておばさんになってくると、どうしてもお客さんに若い子しかいなかったり売り子が若い子しかいなかったりすると馴染めないし、おまけにサイズも細い物しか売っていなくて、何となく居心地が悪かったのです。

 でも、そんな時にこの「SUN FASHION」が出来ました。以前はやはり若い子をターゲットにした店だったのですが、オーナーが変わって一新しました。新しいオーナーは元気で素敵な中年のご婦人で、商品もマダム狙いの物に代わり客層も一気にマダムになりました。

そして何と言っても特筆すべきは彼女のリップサービス。

続きを読む »

Top|Next »

HOME

ぽん太ママ

Author:ぽん太ママ
家族は私と主人と愛犬ぽん太&はな。
1992年からニューカレドニアに住んでいます。『CHEZ ENZO』という愛犬のHPを持っています。

アンスバタのラ・プロムナードで『AQUA』というお土産のセレクトショップをやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。