ニューカレドニア CHEZ PONTA blog編

ニューカレドニアの紹介と日常の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別な日

CHEZ ENZOのゲストブックに書き込みをして頂いた、soleilさんがお店にいらっしゃいました。そして、エンゾと私たちにまでお土産を持ってきてくださいました。

じゃ~ん!!

sasami1.jpg


エンゾの犬生の中でも1,2を争う程のプレゼントです。

ってか、プレゼントランキングの1位にも2位にも3位にも親があげたプレゼントは入ってこないような気がする・・・

おまえは幸せ者だねぇ・・・
スポンサーサイト

そして抜糸

今日抜糸してきました。

抜糸をしながら、どんな手術だったのかを聞くことが出来ました。

耳の裏側の中央のところを切開して、耳の皮の間に入り込んでいる血液を全て除去。

広がってしまった耳をぺたんと貼り付けるために、両側にチューブの付いた糸で、貼り付けてあったようです。私の想像からすると、チューブはもちろん薬を徐々に撒く効果もあると思いますが、引きつり防止だったのではないかと思います。

切開部分は縫っていないので、キズは綺麗になっています。お耳も綺麗に張り付きました。

で、今回お世話になった先生です。

sensei1.jpg


どうも外科専門の先生らしく、歯垢除去の時はもちろん、以前ピットブルに噛まれて瀕死の重傷を負ったときもこの先生のお世話になりました。この先生はそれ以来、エンゾのことが大のお気に入りで、行く度に可愛がってくれます。
でも、病院で痛い思いをするときはいつもこの先生なので、エンゾはいまいち好きじゃないみたい。。。

でも、飼い主が言うのもなんですが、エンゾは病院で何をされても、一切泣き言を言わず、おとなしくしています。


そうそう・・・今ならエンゾにピアスが出来るな・・・と、ふと思いました(鬼)。

エリザベス絶好調!!

耳血腫の手術で相変わらずエリザベスカラーを付けているエンゾですが、月曜日に抜糸を控えた今、全く痛くも何ともないらしく、エリザベスカラーはハッキリ言ってただの凶器と化している今日この頃です。

wan.jpg


初めのうちこそ慣れないカラーにとまどい、あっちこっちにぶつかっては泣き言を言い、居間にある大好きな自分の家にもカラーがジャマで入れずにいたのは先日までの話。。。

カラーがあちこちにぶつかる事が怖くなくなった今、家の壁にぶつかろうがとにかく突き進んでめでたく家に入ることを覚えました。

結果・・・家に入った後、エリザベスカラーが壊れました(爆)
と言うことで、これ以上破壊されないようにテープで固定しました。

ま、ぶつかりながら入っていた家ですが、今ではぶつかることもなく器用に出入りが出来るようになりました。

エンゾが私たちと、キスをしたいときに拒むと・・・
エリザベスカラーの縁を私たちの顔に押しつけて、ぐいぐいと押してきます。痛いです。顔に跡が付きます。下手すると喉に当たって苦しいです。

そして・・・エンゾってば演技までしっかりしていました。
家への階段を上るとき、私は手術当日を除いてはしっかりエンゾに自分で登らせていましたが、エンゾってばお父さんの前では「おとうさ~ん!カラーがジャマで登れないよ~。だから抱っこして~」と言っていたらしく、今日までずっと抱っこされて登っていたそうです。。。。

エンゾ、おまえはやっぱり我が家の王様だね。

エンゾのお気に入り

エンゾがこの頃お気に入りでしょっちゅう使っているクッションです。

hirune1.jpg


本当はお客様用のクッションで、我が家に来客があったときに奥から出してきたクッションなのですが、しまい忘れていたらエンゾに盗られてしまいました。。。

普通犬はちょっと影になっている穴蔵っぽい所がお好みのはずで、エンゾも今までそんな場所にしかエンゾクッションがなかったのですが、今回のクッションはかなり今までのコンセプトからはずれた、居間の真ん中、日当たり良好、小さなクッションと、3拍子揃っています。でも何故か大好きで、気が付くとココで居眠り三昧です。

この日も朝の散歩が終わった後の朝寝の最中、あまりに舌が出過ぎているこのやる気のない寝姿に思わずパチリ。

だんだんエリザベスカラーにも慣れてきたエンゾ、今まで気が付きませんでしたが、エンゾってば歩いているときにどうも頭を左右に揺らしながら歩いているようで、このカラーをつけて歩くと、全体が左右に揺れて、後ろから見るとかなり可愛い(滑稽ともいう)。

エンゾだって好きでこんな格好している訳じゃないのに、このカラーをエンゾがまとってからというもの、「シトロン湾は人通りがありすぎて恥ずかしい」と旦那はエンゾの散歩をシトロン湾でしなくなった(怒)。
確かにすれ違うときに笑いながら指さす人もいますが、そんなに嫌わなくたって良いのに・・・(`ヘ´) プンプン。

エンゾの手術・その後

未だ2日おきに病院通いをしているものの、エンゾはいたって元気にしています。

エリザベスカラーにもだいぶ慣れてきたし、初めまん丸だったカラーがだいぶ馴染んできたのか、楕円形になってきました(爆)。

手術の外観に興味のある方が何人かいらっしゃいましたので、今日は耳の裏と表から写真を撮ってみました。グロイ写真が嫌いな方は絶対写真を大きくしてみない方が良いですので、あしからず・・・

手術直後はさすがに耳に触れようとすると嫌がっていましたが、薬の作用もあるのかこの頃は触るぐらいなら嫌がらなくなりました。

と言うことで、塗り薬を毎朝表と裏のチューブから挿入、飲み薬を朝晩3錠ずつ飲んでいます。

さて・・・薬ですが、塗り薬は犬・猫用の薬。プレドニソロン配合の抗炎症剤のようです。

飲み薬は人間様と同じ薬。ブロメラインが主成分の治癒促進剤だと思っているのですが、どうでしょう・・・

ニューカレドニアの薬屋さんでは、処方箋が無くても買える薬と処方箋がないと買えない薬を扱っています。人間様の場合お医者様で処方箋を貰うと、その薬は保険対象になります。
日本だと処方される薬は、箱とかに入っていませんが、こちらは処方される薬も売薬と同じように箱に入っていて、中に説明書が入っているので、何か新しい薬を貰うととりあえず辞書とインターネットを駆使して、どんな薬なのかを調べるのが常となりました。

ところで今回のエンゾの飲み薬も獣医さんからの処方箋で、薬局で買ったのですが、やっぱり保険対象にはなりませんでした(泣)ま、80粒も入って700フランですし、後で自分で使えるからいっか・・・

Top

HOME

ぽん太ママ

Author:ぽん太ママ
家族は私と主人と愛犬ぽん太&はな。
1992年からニューカレドニアに住んでいます。『CHEZ ENZO』という愛犬のHPを持っています。

アンスバタのラ・プロムナードで『AQUA』というお土産のセレクトショップをやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。