ニューカレドニア CHEZ PONTA blog編

ニューカレドニアの紹介と日常の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンゾの治療費

先日エンゾが毎日通院していたとき、エンゾの病状はかなり悪く、病院でも毎回会計を済ませるためにエンゾから目を離せない程だったので、お会計は一番最後の日に全部支払うことになっていました。

そしてだいぶ良くなってきて、とりあえず今回は最後の通院の日、お会計に行くと
「12,960フランです」
とのこと・・・かなり沢山注射してもらっているし、いつもは注射2本で5000フランとかいくのに・・・
「これだけ???」
「そうよ・・・」
「あっそう」(まあ、安いに越したことはないけれど・・・)
とまあこんな感じで、エンゾも良くなった事だし早く払って帰ろ。

昨日、やっぱりという感じで請求書が届きました。額面は・・・
10,800フランでした。
注射5本分を請求していなかったようです。(´。`)

最終日にいったとき、今まで見ない看護婦さんだったしなんかイヤな予感がしていたので、別に驚きもしませんでしたが、なんだかなぁ~って感じです。

結局、その前に薬代などで17,990フラン払っているので、合計で41,750フラン也。日本に比べると安いようですが、それでも高いよ。あ~日本みたいにペットの保険が欲しいなぁ。アニコムみたいな保険、ニューカレドニアにも出来ないかなぁ。
スポンサーサイト

今日の外乗

今日は3週間ぶりの乗馬レッスン。天気も上々で正にピーカン。乗馬日和でした。

クラブに行ってみるといつもより人がいっぱいいて、
「リサ、今日は2時間外乗になったけれど良い?」
「ウン、良いよ。」
「リサの馬は、○○(忘れた)だよ。」
「・・・それって、私が前回落ちたやつだよね・・・いやだ~」
「外乗なら大丈夫だから・・・乗ってみな・・・・」
もうこれ以上言っても無駄なので、そのまま用意をしていざ出発。

もうそろそろ河に入るには涼しいかもと言うことで、山方面に向かいました。乗馬の良いところは、普通人間の足で歩いたら何時間かかるか分からない山道をいとも簡単に登るところや、いつもより高い位置から景色を見られること。

出発して20分程たった頃、ずっと牧場脇の細い道を歩いてきたのですが、
「この先地盤が緩い急斜面が続きます。馬から下りて、引っ張って登りましょう♪」
「・・・・」(聞いてないぞ!そんなこと!!)
見るとマジで急斜面です。私よりも年配の女性もいましたが、皆さんスリムで日頃から運動をしていそう・・・と言うことで、一番後れをとりました。そして一番キツそうに見えたらしく、
「リサ、大丈夫?」
「大丈夫・・・だけどだいじょばないかも・・・聞いてないよこんな事・・・」ってな感じ。

登った先には未舗装道路があり、更にそこを今度は馬に乗って登っていきます。かなり登ってきているので、確かに景色は抜群でした。一緒に来た他の女性達も口々に景色が良いのあそこに見えるのは何だの楽しくお話ししています。無口な私を気にして「綺麗ね~景色・・・」と話しかけてくる方もいるのですが・・・

その頃馬に乗りながら私が考えていたことは一つだけ・・・
(こんなに登ったら、また降りる時大変じゃん・・・帰りはどうやって降りるんだろう・・・)

少しして、やっとUターンして戻ることに・・・そして・・・やっぱり足で登ってきたところを、足で降りることに(×_×)

ま、そうだとは思ったけれどね・・・
そして帰り道のおまけとして・・・また牧場の外側を通るんだけれど、牧場は有刺鉄線で囲ってあります。牧場の外側の道と行っても直ぐに崖なのでとても細い獣道です。お馬さんは自分の幅しかよけません。私の足の幅まで計算してくれないので、気を抜くと有刺鉄線で引っかかれるのです。と言うことで、この通り・・・

17327931_132.jpg


おまけにこの馬やたらと私に鼻と口を押しつけてくるので、Tシャツが緑の唾液だらけになりました。。。

17327931_77.jpg


このお馬さんとは本当に相性が悪いのかな・・・でも外乗しているときは普通だったけれど、でもぴょんぴょん跳ねるんだよね・・・


あ、皆さまご心配なく・・・ズボンはもう使い物になりませんが西友で買った安いスパッツだし、膝も擦り傷程度ですので。

暖かいエンゾにほろり

お陰様でエンゾの症状はとりあえず落ち着いた模様。

昨日最後の注射を打ってもらって、今日と明日残りの薬を飲めば、後は普通にして大丈夫とのこと。

ご心配いただいた皆さま、本当にありがとうございます。

とは言うものの、この手の病気に完治という言葉はないらしく、ただたんに症状が落ち着いただけとのこと。背中に爆弾を抱えていることにはかわりはないので、今以上にいたわってあげなきゃ。

先生にも「これからエンゾを抱き上げる時は、平行にね・・・」と言われていたんだけれど、この抱き方だとエンゾ君の暖かさやふわふわさを身体全体で味わえないんです。。。。(×_×)

もともと「抱っこちゃん」で、抱っこが大好きなエンゾなので、
今日そぉっと抱っこしてみました。。。。
かれこれ2週間ぶりぐらいの抱っこだったので、エンゾもちょっと神妙な顔つき。でも痛がらずに抱っこされてる。

少しだけギュッとしてみた・・・
やっぱりふわふわで、あったかい・・・なんかちょっと幸せな気持ちになりました。

Top

HOME

ぽん太ママ

Author:ぽん太ママ
家族は私と主人と愛犬ぽん太&はな。
1992年からニューカレドニアに住んでいます。『CHEZ ENZO』という愛犬のHPを持っています。

アンスバタのラ・プロムナードで『AQUA』というお土産のセレクトショップをやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。