ニューカレドニア CHEZ PONTA blog編

ニューカレドニアの紹介と日常の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チオの乗馬「草原コース」

行って参りました!!チオでの上級乗馬「草原コース」。
今回は日本の乗馬雑誌「乗馬ライフ」の取材に便乗して乗ってきました。取材スタッフとガイドのマサコ夫婦は、今日もチオでの取材があるためにそのままお泊まりだったのですが、私は1日だけの参加です。こうなるとチオまでの往復200キロを自分で運転していかないといけないので、結構強行軍なんですが、なかなか私の休みの日にチオ乗馬が入らないので、行って来ました。

thio.jpg


ハッキリ言って、ラ・フォアの時とは比べものにならないぐらい楽しかったです。お馬さんもお利口だったし、山あり草原あり、川あり、ヌーメアともラ・フォアとも違った風景にまたまた感動しっぱなしでした。詳しくはAQUAのHPの「女将の体験コーナー」に載せる予定です。
スポンサーサイト

久々の外乗はまったりと・・・

 インストラクターのジェロームの都合やら、私の風邪引きやらで1ヶ月近くご無沙汰だった乗馬ですが、久々に1時間のってきました。

 パイタに着くと、「ココボーイ」(馬)の熱が39度以上あるとのこと。
今日の外乗は私と、リザという名前の10歳ぐらいの常連の女の子。結局ココボーイのことをお医者様が見に来てくれることになったので、外乗にはリザと私だけで出発しました。

 リザは小さな時から毎週パイタに来てお馬さんに乗っているので、パイタの牧場内は知り尽くしています。ということで、リザが先頭で、私が後ろ。いっちょまえに私のことを気遣いながら進んでいきます。真っ直ぐの道で駈歩と速歩を一回ずつして、その後はまったりとのんびりお散歩して帰ってきました。

 ココボーイは熱は高めだけれどただの風邪とのこと。注射をしてお医者様は帰ったそうです。大事に至らなくてヨカッタ・・・・

なんか見つけた・・・

スーパーで明治製菓のお菓子を見つけました。

petitte.jpg


今までもチョコレート菓子はたまに日本製のものを見ることがありましたが、
しょっぱい系のお菓子は見たことがなかったので、思わず買ってしまいました。

味は「リッツ」のようなクラッカーの中央にチキン味のクラッカーが挟まっている3層構造のクラッカー。
美味しかったですよ。

箱をよく見てみると、菓子名は日本語でも説明書きには一切日本語がなかったので、
外国向けに作っているもののようです。

外国向けのお菓子でも、味は繊細で日本を思い出す味でした。
確かそんなに高くもなかったので、また買いそうです。

馬上結婚式

今日はCHEZ ENZOのゲストブックに書き込みのあった「らんこ」さんの馬上結婚式がクエンド・ビーチ・リゾートでありました。フィロ・ツアーズが主催して、クエンド・ビーチにある乗馬クラブが段取りを組んだのですが、オーナーが女性だけあって、ドレサージュの時の馬のようにしっぽやたてがみも編み込みにして、花で飾ってくれました。
お馬さんもとってもお利口な馬で、ずっとおとなしくしていました。

wedding.jpg


海をバックに、馬にまたがったまま式次第をすすめていきました。お馬さんはというと、らんこさんたちが持っているブーケが気になるらしく、降りたあとの隙をついて、旦那さんがさしていたブートニアのバラをパクリと食べていました。

らんこさん、お幸せに~~~ネ。

パイタで外乗1時間

今日はパイタで外乗1時間。この頃ずっと乗りに来ている常連の老夫婦と私、それからジェロームの4人での外乗です。この老夫婦は70を過ぎているのですが、まだまだかくしゃくとしていて、元気な夫婦です。私も彼らのようにおばあちゃんになっても続けたいともいます。

いつものメンツだけの外乗だといろいろな乗り方をさせてくれます。今日は4頭で並んで歩いたり、速歩をしたりしました。でも、なかなか並んで歩くのって難しいんですよね。私以外の人は簡単に楽しくこなしているのに、私はと言うといっつも馬の足並みを見ながら遅れないように付いていくので必至でした。

まだまだ修行が必要です。頑張ろうっと・・・

袋に入ったララ

昨日の夜は久々に友達のカズコちゃんが、愛犬のララと一緒に遊びに来ました。
カズコちゃんはいつも原チャリを移動手段として使用しているので、
ララと一緒のお出かけの時は、ララはいつもこんな袋の中に収まって、
足の間に挟まって移動します。

怖くないのかな?とも思いましたが、ララを見ているとまんざらでもない様子です。
いつもおとなしく自ら袋の中に入っていきます。
こんなララはバイクに乗っていても人気者で、信号待ちをしていると、
隣の車の人が必ず指を指して笑って見ているそうです。

今日はエンゾが被らなかった犬用の帽子も被って、ポーズです。

fukurolala.jpg

レストランに行ってきた

アンス・バタにある水上レストランが「LE ROOF」という名前に変わって再オープンしたので、お誕生日ディナーを食べに行って来ました。久々のレストランだったので、ちょっとおめかしをして行って来ました。

オープンしたてと言うこともあって、月曜日だというのに結構人が入っていましたが、まだフランス語のメニューしかないらしく、お客様はローカルばかりでした。内装もとっても素敵な雰囲気で、お洒落なレストランでした。「あ~おめかししてきてヨカッタ~」と思わせるようなレストランでした。

実は席に通されてから注文を聞きに来るまでがえらく時間がかかったので、内心「この調子だと帰るのは明日になるかな・・・」と思ったのですが、注文してからは食前酒も料理も、早すぎず遅すぎずのテンポで出てきました。また、一つ一つの料理がとっても美味しく、更にとっても素敵な盛り合わせで出てきました。

久々にヒットしたレストランを見つけてちょっとラッキーな気分です。

誕生日乗馬

と言うことで、お誕生日だった今日も乗馬に行って参りました。

1日から行われているカイトサーフィンの世界選手権のためには、このどん吹きの風はとっても良いんだろうけれど、天気も思わしくなくて雨だったらどうしようと思いましたが、何とか持ちこたえてくれました。

先週辺りから、ジェロームが飼っている6ヶ月のビーグル犬「ビンス」君も外乗に一緒について来るようになったのですが、小山の尾根にさしかかったところで、谷間に野豚が入るのを発見。「ヤッタ、これで野豚も見られたぞ!」と思ったのもつかの間、ビンスが野豚めがけて猛進していきました。さすがに猟犬だけあって、誰も教えていないのに凄いです。そんでもって谷間をまたいで反対側の山の中腹当たりでどうも、豚を追いつめたらしく、ご主人様に向かって鳴き始めました。でもビンスが鳴いているのは、他の所有者の土地。私たちは行けません。

ジェロームは一生懸命口笛を吹いてビンスを呼び戻そうとしましたが、なかなか帰ってきません。そのうち鳴き声もやんだので、諦めてそのまま外乗を続けることに・・・でもジェロームは勿論、私たち常連もビンスが気になって、周りの山をキョロキョロ。でも全然姿を見かけないし、ジェロームの口笛にも答えません。

ジェロームは、表面上は大丈夫な顔してるけれど心配なのは分かるし、私たち常連もやっぱり気になります。結局ビンスは見つかることなく、何となくくら~い雰囲気で馬場まで帰ってきたら、なんとビンスったら1人でさっさと帰ってきていました。全く人騒がせな犬です。ジェロームにもやっと笑顔が戻り、ヨカッタヨカッタ。でもビンスったら騒ぐでもなく、全く動じていません。こいつ大物になるかも・・・・

vince.jpg


なんて、おまけが付いたお誕生日乗馬になりました。

さあ、来週はチオに1日外乗に行って来ます。こう御期待!!!

Top

HOME

ぽん太ママ

Author:ぽん太ママ
家族は私と主人と愛犬ぽん太&はな。
1992年からニューカレドニアに住んでいます。『CHEZ ENZO』という愛犬のHPを持っています。

アンスバタのラ・プロムナードで『AQUA』というお土産のセレクトショップをやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。