ニューカレドニア CHEZ PONTA blog編

ニューカレドニアの紹介と日常の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Grenier

私が所属する和太鼓倶楽部のメンバーが日本に完全帰国することになったので、メンバー家族と送別会を開きました。

今回送別会を開くにあたっていつものレストラン選びと違ったのは、小さな子供が6人来ると言うこと。
大人も総勢12人でしたから、どちらにしてもけっこうなグループでの食事です。

ニューカレドニアのレストラン、ランチタイムならまだしもディナータイムに小さな子供連れで気兼ねなく入れるレストランがけっこう少ないのです。

で、最終的に決まったレストランがこの「LE GRENIER」

05254.jpg

いつもサンドイッチを買うパン屋さんの2階にあるレストラン。だけど、今まで行ったことがなくて今回が初めて。
なんと言っても特筆すべきは【キッズ・ルーム】があること。6畳ぐらいのキッズ・ルームがあるので、ご飯をさっさと食べたキッズ達は遊んでいられるし、大人はのんびり食事が出来るのです。

料理の質は可もなく不可もなく(笑)
でも、値段は安め設定だと思うので、コスパは良いレストランですね。
今まで小さなお子様連れの方へのレストラン紹介に悩んでいましたが、これからはここを紹介できます。

05251.jpg

ムール貝のワイン蒸しとポテトフライ。貝好きにはたまらないメニューです。

05252.jpg

本日のおすすめにあったパエリヤ。ボリューム満点でした。

05253.jpg

店自慢の串焼き。これもボリューム満点で肉好きさんも満足です。

スポンサーサイト

L'ed Zen

自宅からアンスバタまでの道すがら、いつも気になっていたお店「L'edZen」。
看板には、カフェ、バー、ブティック、マッサージと書いてあるので、お食事どころではないと思っていたのですが、つい最近お友達から実はランチもやっていて、とても美味しいという噂を聞いたので、友人とランチを食べに行ってきました。

一軒家を改造して作ってあるのですが、中は意外に広く、風のない今日でも木陰は涼しかったです。予約無しで行ったら、危うくアウトだったので次からは予約をしていかないと・・・

zen1.jpg

美味しいと評判の店は、直ぐにローカルで満杯になるので要注意ですね。
仕事中抜け出したので、ドリンクは「今日のミックス生ジュース」。

zen2.jpg

元々カフェバーなので、ドリンクメニューは充実していますが、ランチメニューは
日替わりで、この黒板のメニューのみ。ランチにしてはちょっとお高め。

zen3.jpg

ボリューム満タンてんこ盛りのシーザーズ・サラダ

zen4.jpg

天使の海老と白身魚のグリル、クスクス添え

量がかなりあったので、お腹いっぱいになりました。 
そして、ニューカレドニアにしては珍しくお茶を頼むと、数種類の茶葉から選ぶことが出来、おまけにティーバッグじゃなかったよ(爆)。こっちのレストランって、高級店でもリプトンのティーバッグだったりするから、少しビックリ。

Restaurant Cote Sud

先日のお誕生日ディナーに、前から行ってみたかったレストラン「コテ・スッド」に行ってきました。

cotesud20.jpg


店内の雰囲気はお洒落だけどクラシックで大人な感じの店構え。食事の場所の他にバーもあり、週末はアペリティフだけに訪れる人もいるらしいです。



cotesud04.jpg

付け出し(アミューズ・ド・ブーシュ)は人参のムースとカニのパテ。
絶妙な味のバランスで美味しかったです。




cotesud05.jpg

前菜は自家製フォア・グラとリンゴのピューレ、ブリオッシュとポテトのパンケーキ添え?
フォアグラもさることながら、フォアグラをリンゴのピューレやチェリーのシロップ煮、ポテトと合わせて食べたことがなかったのですが、新しい発見でした。



cotesud10.jpg

メインはノルウェー産サーモンのグリルとサーモンマリネのコロッケ、ラタトゥユとタロイモのピュレのコロッケ添え
こちらのレストランにありがちな、しつこいクリームソースがかかっておらずとっても食べやすかったです。焼き加減もグッドで完食しました。タロイモのピュレのコロッケ、初めて食べましたが味の濃い物とあわせるには、良い付け合わせだと思いました。



cotesud15.jpg

デザートで3種のシャーベットデザート。シャーベットも美味しかったですが、サー別途に刺さってる3枚のパリパリしたやつがまた何とも言えず美味しく、感動でした。特に一番左のリンゴスライスを乾燥させた物はリンゴの味を甘さが凝縮していてウマウマでした。 

盛りつけとか使っている食材も斬新で、行ったことないけどテレビで見た本国のレストランみたいな感じで珍しかったです。また行きたいレストランリストにくわえることにしました。

ごちそうさま~

グルメ・フェスティバル in ニュー・カレドニア

旦那様ののお誕生日をだしにして、またまた360°に行って参りました。

が、今回はこんな趣旨のフェスティバルが催されていました。

keizo0.jpg


要は、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、韓国、日本からフレンチのシェフをご招待して、ニューカレドニアのレストランで腕をふるって貰うという物。

私たちの目当ては「嗚呼!花の料理人」などに出演しているレストラン・KEIZOのオーナーシェフ井上桂三シェフです。


今回の企画はセットメニューのみで、前菜、メイン、デザートの3皿で1人5,800フランなり。日本円だと、7千円前後ぐらい。

keizo1.jpg

まずは付きだし(アミューズ・ブーシュ)。これはセットメニュー外で誰にでも付いてくる品。
フォア・グラのクレーム・ブリュレ。これがとっても美味しかった~~♪

keizo2.jpg


前菜。カモの燻製梅ソース、バチマグロの昆布締めわさびソース、海老のフラン味噌風味の3種盛り。見た目はとっても綺麗でした~

カモは、可もなく不可もなく。あまり梅の味はしなかったかな。きっと梅味が濃すぎるとフランス人には受けないんだろうな~。

バチマグロは、マグロだけ食べると昆布締めがしっかりしてあって美味しかったけど、ワサビはやはりあまり効いていなくて・・・おまけにワサビを和えてるアボカドの味が強すぎて、全部を一緒に食べるとちょっと微妙。。。

海老のフランはとっても美味でした♪天使の海老の産地にしては海老はちんけでしたが、まぁフランが主役と言うことでこれはニューカレじゃ食べられないあじかなと感心。

keizo3.jpg


尾長鯛のグリルプロバンス風、ダンベアの牡蠣のソテー椎茸風味、ジャガイモのクレープ&フォア・グラ。
見た目はちょっと彩りにかける感じのメインと付け合わせ2品。

尾長鯛のグリルは・・・普通?こっちのレストランでは良くこんなの出てくるかも・・・

牡蠣のソテーと椎茸は美味しかった♪これがダンベア産の牡蠣じゃなくてタスマニア産だったらもっと大きくてもっと美味しかったろうに・・・残念。

ジャガイモのクレープとフォア・グラは・・・美味しかったけど全体にちんまりしててあまり食べた気がしなかったかも。。。

基本的にどれももそもそとした食感だったから、もうちょっと付け合わせに工夫が欲しかったなぁ~

keizo4.jpg


フルーツコンフィのヌガーアイス、パイタ産のフランボワーズを添えて
ヌガーの下にあるソースがたっぷりで、ヌガーに沢山つけて食べると美味でした。

いろいろ書きましたが、美味しかったですよ。満足はしたんです。でも、あまりにも期待が大きかったので、ちょっとがっかり感が・・・

とは言ってもね、ニューカレで5800フランのフルコースメニューじゃ、値段設定が微妙すぎるのも確か。値段が7000フランぐらいだったら、きっともっと美味しいものが食べられたんだろうなぁ~。

それから、金曜日と言うこともあってレストランが満席状態。
他のレストランが満席になったときに比べれば、サービスなどは格段に良かったですが、それでも前回行ったときよりサービスが悪かったかも。
やっぱりレストランは平日に行くに限りますね。&、もし来年もこのフェスティバルがあったら・・・その時は初日の平日に行こうと思いました。

Le 360

日本から友人が遊びに来たおかげで久々にちゃんとしたレストランに食事に行きました。

以前から行きたかったラマダ・ホテルにあるレストラン「Le 360」。
開店当初に行ったきりだったのですが、その後オーナーが変わってから行ったことがなく、気になっていたレストランです。

le360_03_2.jpg

アミューズ・ブーシュは牛肉のカルパッチョ。ソースが醤油仕立てで美味しかったです。


le360_04_2.jpg

前菜で自家製フォアグラのテリーヌ、ブリオッシュと一緒に
岩塩&ブラックペッパーとバルサミコ・ソースで味が少しずつ変わるのが楽しめました。


le360_08_2.jpg

尾長鯛のグリル、夏野菜のガレット仕立て
魚の焼き加減も申し分なく、あっさりと食べることが出来ました。


le360_12_2.jpg

焼きたてリンゴタルト、リフー産バニラ入りアイスを添えて
焼くのに時間がかかるため、事前オーダーの必要なデザート。リンゴの酸味とバニラの甘さ、温度差のある絶妙なおいしさでした。

この手の高級フレンチに行っても、この頃は何かしら外れがあることが良くあったのですが、久々に全てメニューに満足、サービスも申し分なく大満足の食事でした。おまけにメートルドテルのムッシューがとってもハンサムだった~。

Top|Next »

HOME

ぽん太ママ

Author:ぽん太ママ
家族は私と主人と愛犬ぽん太&はな。
1992年からニューカレドニアに住んでいます。『CHEZ ENZO』という愛犬のHPを持っています。

アンスバタのラ・プロムナードで『AQUA』というお土産のセレクトショップをやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。